自賠責を補う任意保険

加入が義務付けられている自賠責保険は、その補償が充分ではありません。そのため、車を運転する人の約7割は任意保険と呼ばれる保険に加入しています。この任意保険は自賠責では賄いきれない部分を補てんするもので、各保険会社から様々な商品が出されています。

任意保険は等級があり、運転者の年齢や事故の有無などの条件によりその保険料が変わってきます。また自賠責では、補償が対人だけであるのに対し、任意は補償の幅がかなり広がります。各保険会社でそのサービス内容は少しずつ違いますが、基本的には次の7つの補償になります。対人はもちろんのこと、対物賠償、あるいは100%の過失が自分にある自損事故や、対人賠償の付いていない無保険自動車との事故を補償する無保険車傷害、自分や同乗者が怪我などをした場合の搭乗者傷害と人身傷害、そして車両保険です。

任意保険の商品としては、この7つの補償を組み合わせてセットにしたものとなり、生活スタイルや、運転の頻度に応じて自分に適したものを選べばいいでしょう。このように、自動車保険は基本的な保険とそれを補う保険の二重の構造になっています。自賠責だけで充分と言わず、任意保険もきちんと加入して万が一に備えてください。

自賠責の補償は最低限

現代社会は車社会とも呼ばれるほど、車に依存しています。通勤やレジャー、あるいはトラックなどの流通など様々な場面で車は利用されているのです。道路はどんどん拡張されていき、交通量も増えています。こういった車社会において、心配されるのがやはり交通事故でしょう。いくら気を付けていても、いつ事故を起こすかもしれませんし、巻き込まれることもあります。

事故を起こし、相手に怪我を負わせてしまった場合や、逆に自分が怪我を負った場合、当然その治療費が発生します。また、損傷した車の修理費も必要です。こうした事故に関する費用は、高額になることもあり、個人では到底支払いができなくなるわけです。そういったことに備えて、自動車には保険があるのです。

自動車保険には自賠責保険と、任意保険があります。自賠責保険は法律で加入が義務付けられている保険のことで、自動車事故による人身損害の補償がその趣旨となります。つまり事故を起こし、相手に怪我を負わせたりした場合に支払われるものです。車やモノの修理費や、自分自身への補償、ロードサービスなどはありません。また、補償額も上限が定められているため、いわば最低限の保険ということになります。そのため、多くの人はこの自賠責以外にも保険に加入しているのです。

交通事故への備え

今や、自動車なしでは社会が成り立たないほど自動車社会となりました。通勤や通学はもちろんのこと、休日のレジャーなどにも車は不可欠です。ただ、これほど車の交通量が増えてくると、交通事故の心配も大きくなってきます。いくら自分が気を付けていても、いつ交通事故に遭遇するかもしれません。このサイトは、その交通事故と自動車保険について説明します。

交通事故に遭った時、相手側や自分に対しての賠償が問題となります。交通事故の慰謝料請求は多額になる場合も多く、個人で負担できる範囲を超えてしまいます。そういったことにならないよう、法的に加入が義務付けられている保険があります。それが自賠責保険というものです。この保険は、対人賠償のみが対象で対物やロードサービスなどはありません。その上、補償額も上限が定められていますので、充分なものとは言えないのです。

この自賠責を補うために、任意保険への加入が勧められています。任意保険は、対人や対物、或いは人身傷害など様々な補償に対応しています。さらに、その賠償額も対人の場合で無制限といったものも多く、充実した内容となっています。任意保険は民間の保険会社から各商品が出されていて、それぞれに少しずつ違うものになっていますが、基本的には幅広い補償が特徴です。補償は、対人や対物、或いは搭乗者傷害、車両保険など7つの項目があり、それぞれの商品はその組み合わせによって成り立っています。このように、自動車保険は二重の構造となっていて、双方に加入することが望ましいと言えるのです。