バイク交通事故の対応

人とバイクの交通事故でも、警察を呼んで事故証明書の発行を受けると、保険を利用して賠償金を支払うことが出来ます。ただし、自賠責保険のような加入義務のある保険では、相手に対する補償が出来ても、事故に関わる諸費用は補うことが出来ません。また、補償額が限定的な場合、相手のけがなどに対して賄いきれない場合もあります。

自賠責保険には次のような特徴があります。
賠償金の上限額が一定の額に定められています。例えば,被害者1名が死亡したときの限度額は3000万円です。
対象は人身損害に限られます。自動車,建物等の物損は対象になりません。
対象は加害者が他人に与えた損害に限られます。加害車両の運転者等の加害者側の損害は対象になりません。
被害者に過失があっても減額されません(ただし,被害者に重大な過失があった場合を除きます)。
示談代行サービス(加害者との示談交渉を保険会社が代行するサービス)は行われません。

自転車と同じ感覚でバイクに乗っている方も多いですが、実際に人身事故を起こした場合、かなり高額の賠償額が請求されると思って構いません。最も高額な場合で3億8281万円の賠償事例があります。人とバイクの事故でもすべてがバイクの責任ではないものがありますが、過失割合が考慮されてもバイクに責任があるとされるケースが目立っています

バイクが人身事故を起こす理由が、漫然運転や信号無視など運転者に起因するものが多いことが背景にあるでしょう。当然、個別の事故に関して細かな検証は行われますが、バイクに非があるケースの方が多いのが現状です。

ところが若年層のバイク運転者は、人身事故で高額賠償が求められるリスクを明確に把握していないことから、任意保険に加入せず損害賠償が厳しくなると考えられています。治療費や逸失利益などを計算すると、大きな負担になると言われるため注意が必要です。

バイク交通事故の現状

バイクは車と違って維持費を抑えて所有することが出来るため、安価で便利な交通手段として利用されています。バイクが加害者となる事故の原因は、前方不注意などを含める漫然運転が60%近く、さらには歩行者妨害によって人との事故を起こすケースが28%見られます。他にも交差点安全進行義務違反や信号無視なども、人とバイクの交通事故の原因に挙げられています。

年齢別に見ると原付バイク乗車中の事故は65歳以上が最も多く全体の4.1%、次いで16歳~24歳が3.4%となっています。次に自動二輪乗車中の事故は16歳~24歳が8.8%と最も多く、次いで40歳~49歳が6.0%を占めています。

通学や通勤の交通手段として利便性は高いものの、事故を想定していないことから、任意保険の加入をしていない利用者が多いのも現実です。自転車よりもスピードが出る事、そして自動車よりも小回りが利くことが便利だと言われていますが、その自由度の高さが事故に繋がっているとも言われています。

人とバイクの交通事故は、自動車の事故と同じく、行政処分や民事処分、刑事処分は避けられないので、事故の傾向を理解した上で十分に注意することが求められるでしょう。交通安全義務違反によって人とバイクの交通事故が起こっているケースが多いのは統計でも明確で、注意喚起が行われています。

人とバイクの交通事故

自転車よりもスピードが出て便利、しかも車より維持費がかからない交通手段としてバイクを利用する方もいます。原付や自動二輪は、16歳になると免許が取得できるので、通学に利用する学生もいるでしょう。車の運転よりも簡単だと思う高齢者の利用も多くなっています。自転車に近い利用用途と思っている方が多いので、事故に関しての認識は薄いと言われています。

ところが、人とバイクの交通事故では、高額の賠償が求められるなど、万が一の時のペナルティは非常に大きなものとなっています。このサイトでは、人とバイクの交通事故に関する状況などに関して情報を掲載しています。今後バイクの購入を検討している方にも、役立つ情報となれば幸いです。

交通事故発生の危険自動車事故や歩行中の事故と比較して、バイクによる事故は少ないと言われています。
しかし、2015年の交通白書によると、自動二輪乗車中の事故は全体の5.1%に当たる35069人、原付乗車中では6%に当たる42782人となっています。
そのうち、第一当事者(加害者)となり死亡事故になっているのは、自動二輪車で6.7%、原付バイクでは4.6%と少なからず重大な事故に繋がっています。

バイクは身近な存在でもありますので、自転車同様に保険の加入をしていない利用者が多く、万が一の備えが十分だとは言えません。このサイトの情報を確認すると、自賠責保険だけでは賄いきれないことも分かります。「自分は大丈夫」と考える方は多いでしょうが、人とバイクの交通事故は他人事ではないと考えるきっかけにして下さい。