バイク交通事故の現状

バイクは車と違って維持費を抑えて所有することが出来るため、安価で便利な交通手段として利用されています。バイクが加害者となる事故の原因は、前方不注意などを含める漫然運転が60%近く、さらには歩行者妨害によって人との事故を起こすケースが28%見られます。他にも交差点安全進行義務違反や信号無視なども、人とバイクの交通事故の原因に挙げられています。

年齢別に見ると原付バイク乗車中の事故は65歳以上が最も多く全体の4.1%、次いで16歳~24歳が3.4%となっています。次に自動二輪乗車中の事故は16歳~24歳が8.8%と最も多く、次いで40歳~49歳が6.0%を占めています。

通学や通勤の交通手段として利便性は高いものの、事故を想定していないことから、任意保険の加入をしていない利用者が多いのも現実です。自転車よりもスピードが出る事、そして自動車よりも小回りが利くことが便利だと言われていますが、その自由度の高さが事故に繋がっているとも言われています。

人とバイクの交通事故は、自動車の事故と同じく、行政処分や民事処分、刑事処分は避けられないので、事故の傾向を理解した上で十分に注意することが求められるでしょう。交通安全義務違反によって人とバイクの交通事故が起こっているケースが多いのは統計でも明確で、注意喚起が行われています。